不動産担保ローンの依頼先には大きく分けて銀行系消費者系とがありますが、双方それぞれにメリットデメリットがあります。

不動産担保ローンに必要な書類は多くなりがち

不動産担保ローンという名前の融資がありますが、この不動産担保ローンというのは、その字の通り不動産を担保にした融資のことを指しています。

ここで不動産を担保にするということは、当たり前のことですが通常の融資と違って不動産を担保にするのだから、それなりに書類もいろいろと必要になってくるという事は容易に想像はできるのではないかと思います。

では不動産担保ローンには、実際どのような書類が必要になるのでしょうか。

不動産担保ローンというのは、先ほども述べましたが不動産を担保にするのであるから、当然不動産を担保にする方の担保に対して確認や鑑定をするための書類というのが必要になってきます。

例えば各々の地方法務局へ出向いて不動産登記簿謄本に関して登記事項証明書や公図に測量図、建物の図面といった書類が必要になります。

またこういった公的な書類の他に、もしも担保に入れる物件に残債があった場合のローンの返済予定表やローンの残高証明書に償還予定表といったものが必要になる場合もあります。

さらにこれだけではありません。

固定資産税の納付証明書であるとか、建築確認書類こういった書類が必要になる場合もありますし、場合によっては業者に求められる書類というのも必要になる可能性もあります。

不動産担保ローンというのは、文字通り動産を担保にするという融資であり、それだけ自身も肝に銘じておかなければならない重要な融資である証なのかもしれません。

参考リンク・・>http://www.abcsunny-loan.com/